ビットコインはコピーされないのか?
0
    ビットコインって、デジタルデータなので、簡単にコピーを作ることができないのかって思いませんか?

    音楽や映画は、デジタル化されてから、コピーされた海賊版が出まわて問題になっています。

    もし、ビットコインがコピーできるものなら、大混乱になってしまうのではないでしょうか?

    例えば、1BTC(ビットコイン)を所持していて、コピーしてしまえば、100BTCでも1000BTCにでも膨れ上がることになります。

    となると、あっという間に崩壊してしまうことになります。

    では、結論から先に言うと・・・・・



    ビットコインはコピーできます!!



    えぇっ!!! そっ、そんなぁ!!!

    偽造ビットコイン(っていうか、デジタルの場合は、コピーってオリジナルとまったく同じ情報を持つので、コピーもなにも、オリジナルが複数存在することになります)が存在することになるのです!!

    でも、安心してください。


    ビットコインをコピーするには、気の遠くなるような計算をしなければならない!!


    ってことなのです。

    簡単に説明しますが、ビットコインは、すべての取引が記録されています

    その記録された『ビットコイン帳簿』は公開されていて、世界中のビットコインのプログラムで共有されています。

    『ビットコイン帳簿』に記録されることで、誰がいくら持っているかが決められています。

    あ、厳密には、『誰』ではなく、『ビットコインアドレス』が記録されているだけで、そのアドレスが誰のものかは分かりません。ここでは、説明がややこしいので、誰がいくらもっているのかが記録されていると考えてください。

    ビットコインの持っている額を増やそうとするなら、『ビットコイン帳簿』のデータを書き換えて、Aさんに振込まれた100BTCの記録を書き換えて、自分のところに振込まれたようにすればビットコインの所有額が増えます。

    ただ、『ビットコイン帳簿』は簡単に書き換えられないように、暗号化され、縦横の合計金額とか取引履歴のナンバリングやら取引された時刻など、簡単には書き換えることができないようになっています。

    そして、先にも書いたように、すべての取引が記録されているので、辻褄が合うようにさまざまな記録数値を合わせて行かなければなりません。

    この計算は、普通の帳簿のように1行書き換えればOkというのではなく、膨大な計算が必要とされています。

    詳しい説明は省きますが、世界で動いているビットコインのコンピュータの計算能力を上回る能力が必要とされていて、最先端のスーパーコンピュータをもってしても、計算することは不可能です。

    さらに、その『ビットコイン帳簿』は世界中で共有されているので、それらを一気に書き換えないと、矛盾が生じた場合は、多数決で決めるしくみになっていて、何十万、何百万のコンピュータで共有されているデータの中に、一つ違うのを入れたところで、『この記録は、おかしいよね』ってことで、葬りさられます。

    ということで、ビットコインのコピーをすることは理屈の上では可能ですが、実際にできるのかというと、不可能だということです。

    『ティッシュペーパーを25回折ると、富士山の高さになる』というのがありますが、計算上は確かにそうなるのですが、実際、43回折ることなんて、どんな巨大な建機を持ってきてもできません。→ここのブログ記事で検証しましたw

    これと同じようなことですね。

    ということで、

    ビットコインは、理屈の上ではコピーを作ることは可能だけど、現実的にはできない

    なので、安心してください!

    P.S.
    って、書いておかないといけないのですが、ビットコインの理論上の話であって、もし、実装プログラムにバグがあったり、理論な欠陥、あるいは、高速に計算するアルゴリズムが開発されたなら、ビットコインは崩壊するかもです。ま、ビットコインが、これだけ広まって、さまざまな連中が挑戦してるはずですが、今のところ、そんな予兆はありません。

     
    | 足立明穂 | ビットコイン解説 | 15:38 | comments(1) | - | - |