ビットコイン商品タグは、ちょっと面白いかも
0
    ビットコインに対応した商品タグが出てくるようです。

    ビットタグ(英語)
    http://bittag.net/

    マッチ箱(って、あまり見ないなぁ・・・w)ぐらいの大きさで、ディスプレイもついているインテリジェントタグ。

    で、このディスプレイには、商品の値段とかが表示されているのですが、タグを振ると、QRコードに替わり、それを読み取ることでビットコインの支払いができます。

    また、専用アプリを入れたタブレットの上に乗せると、タグの情報を読み取って、商品の写真や情報、そして支払いのQRコードなどがタブレットに表示されます。

    まだ、現物はできていないようですが、これから開発するとか。

    このタグ、ビットコインだけでなく、いろいろなモノに応用できそうですよね。

    ただ、現実問題として、決算したときに、『誰の支払い』なのかを確認する方法がないと、片手落ちになってしまう(ビットコインの匿名性ゆえの課題)かも。

    これから開発して使われていくと、いろんなアプリが出てくるので、解決されるでしょうけどね。

    商品のタグを見て、その場でお客が支払を済ませるなんて、今までには考えられない決済方法ですが、デジタルなビットコインだから可能になってきます。

    今後、こういうのが増えてくると、新たな決済手法として広まってくるのでしょう。


    JUGEMテーマ:ビットコイン
    | 足立明穂 | ニュース | 11:13 | comments(0) | - | - |