大石さんの『ビットコインにまつわる5つの誤解』に一歩踏み込んでみる その5
0
    さて、大石さんのブログ記事『ビットコインにまつわる5つの誤解』の最後の誤解について説明しましょう。
    (これまでの記事は、その1その2その3その4を読んでくださいね)

    5つの誤解 その5
    『 ビットコインは、違法であり、アメリカはこれを規制する』

    規制をするというのは、ある意味、その通りです。

    Yahoo!知恵袋の知恵コインのようなものは、購入したり、譲渡したり、売買することはできません。

    参考:
    Yahoo!知恵袋 知恵コインについて

    このようなものは、問題にならないので、規制もなにもありません。

    しかし、ビットコインのように、実際に売買が行われ、しかも、匿名性を維持しながら簡単に海外に送金できるとなると、何らかのルールを作らざるをえなくなってきます。

    そのルールのことが規制です。

    日本語の言葉から受けるイメージで、規制というと、なんとなく制限しているとか、禁止している、抑え込もうとしていると感じるのですが、ルールを作ることで、そのルールの中では、中に使えるということなのです。

    逆に言えば、規制ができるということは、政府が使っていいと認めたということで、お墨付きになったとも言えるのです。

    例えば、お酒やタバコは、規制されています。

    未成年の喫煙や飲酒を禁じていますが、大人になれば、何本タバコを吸おうが、何杯お酒を飲もうが、法的には違反していません。

    『規制する』のと、『禁止する』のとは、大きな違いであることを理解しておいてください。


    そう考えると、『規制』してくれなければ、ビットコインは、使いにくいものになってしまいます。

    それこそ、ビットコインにまつわる詐欺や盗みなどを取り締まる法律が明確にならないのです。


    規制、つまり、ルールが出来上がってこないと、お店で使うにも、困ってしまいます。

    仮想空間セカンドライフでも、現金に換金できるリンデンドルという仮想通貨が広まった時に、ビジネスで利用する場合に、経理上、どのように扱うのかが、難しい問題になっていました。

    そもそも、日本の法律では、ポイントサービスもグレーな部分があり、ガイドラインがあるレベルで、明確にどうするのかは決まっていません。

    金融庁資料
    ポイント及びプリペイドカードに関する会計処理について(PDFファイル)


    ポイントやプリペイドカードと違って、為替レートなどでも現金価値が変化してくるビットコインの場合は、もっと複雑になってきます。

    こういう点では、早く『規制』されなければ、ビットコインが広まるにつれて、混乱が増していくことになってしまいます。

    なので、むしろ規制されることは、歓迎すべきことなのです。


    さて、これまで5つの誤解について、いろいろ考えてきましたが、いかがだったでしょうか?

    もう少しビットコインについて知りたい、電子マネーやポイントとの違いを知りたいということもあるでしょう。

    そんなことをまとめてキンドル本にしました。つい先日出したばかりですが、ぜひ、一読いただければと思います。

    難しい技術論などしていません。また、つぎつぎ変化するサービスやプログラムの操作も書いていません。
    ただ、根底にある考え方や、経済に与える影響などについて、分かりやすく解説しましたので、ビットコインのことだけでなく、『お金』の基本的な理解にもつながると思います。

    感想や質問など、このブログのコメントにでも書いていただけると、嬉しいです。
    よろしくお願いします。


    JUGEMテーマ:ビットコイン
    | 足立明穂 | ビットコイン解説 | 18:09 | comments(0) | - | - |