仮想通貨ビットコインは信頼できるのか?
0
    ビットコインが信頼できるのかどうかってのは、なかなか難しい問題です。

    デジタルのデータでしかないビットコインなんて信頼できるのか?って思いますよね。

    ただ、この場合の信頼できるというのは、どういう意味で『信頼』と言っているのかによります。

    まず、通貨という意味で信頼性を考えてみます。

    そもそも、あなたの財布に入っている1万円札や500円玉って、なぜ、『信頼』できるのでしょうか?

    なぜ、その紙切れや金属片をコンビニへ持っていくと、焼き肉弁当や照り焼きチキンと交換してくれるのでしょうか?


    「そりゃ、国がお金を発行して、保証してくれてるから、信頼できるんじゃん!」


    まー、そうかもしれません。

    が、もう分かってる通り、紙幣には、『日本銀行券』と書かれているように、日本政府が発行してるわけではありません。

    かつては、金本位体制で、兌換紙幣が発行されていました。

    この時は、日本銀行券を持っていくと、それに見合った金(きん、Gold)と交換することができたので、金になるという保証がされていたのです。

    が、今は、不換紙幣といって、日銀だろうが、政府だろうが、何ら保障をしていません。

    単純に、みんなが、日本政府に対する信頼をしていることで、成り立っている紙切れであり、金属片であるのです。

    北朝鮮では、政府に対する信頼が薄いので、北朝鮮の土産物屋では、ドル札や日本円札で支払う方が喜ばれるという状況になっています。

    情勢不安定な国では、政府への信頼が落ちていくので、紙幣の価値が下がり、札束をリヤカーに積んで、パンを買いに行くなんてことが起きてしまうのです。

    結局は、国が保証しているのではなく、あなたが国を信頼しているから価値があるということなのです。


    実は、これは、仮想通貨のビットコインも同じで、ビットコインを使う人たちが、信頼することで通貨として成り立っています。

    ビットコインには価値があり、それと品物やサービスと交換していいと思っている人たちがいるからこそ、通貨として世界で通用しているのです。

    「仮想通貨だから信頼できない」

    なんていうのは、そもそも、今の世の中の通貨というものの成り立ちが分かっていないから起きるのですよね。
    | 足立明穂 | ビットコイン解説 | 11:41 | comments(0) | - | - |