Mt.GOXが民事再生する本当の理由
0
    世間を賑わしているビットコインですが、Mt.GOXの民事再生で有名になってしまいました。

    で、「ビットコインが終わった」とか、「ビットコインが消えた」とか、「ビットコインは使えない」とか言ってる人たちがいます。

    今さら、説明はしませんが、ビットコインがどうこうではなく、Mt.GOXというビットコインの取引所が民事再生になったということであって、本質は違います。

    しかも、ビットコイン80万枚が失われ、その額400億円が消えたといったセンセーショナルなタイトルが踊るのですが、これまたミスリードするタイトルです。

    そもそも、ビットコインの交換レートは、どんどん変化していくので、いつの時点で計算するかで価格が変わります。

    さらに、ビットコインが実際に取引されたときのレートはどうだったのかは、今となっては分かりません。

    ビットコインは、現状の法律では、通貨とも、資産とも認められていないので、Mt.GOXのビットコインが消えたところで、法律的には、単にデジタルデータが消えただけの話です。

    いわば、レンタルサーバで、ホームページのファイルが消えたのと違いはあまりありません。

    (って、書くと、Mt.GOXにビットコインを預けていた人は、激怒するかもしれませんが、法律上は、そういう解釈です)

    となると、後は、レンタルサーバと同じで、Mt.GOXの利用規約にどのように書かれていたのかによります。

    ユーザから預かったビットコインを補償するとしていたのか、それとも、万が一、失われても責任は持たないとしていたのか・・。

    それも、今となってはホームページのデータがすべて消えているので、確認しようがないのですが・・・。


    ここで、ビットコインが消えたのだとすると、法的には資産でもないのですから、負債とは考えにくい状況です。

    負債ではないとすると、いくら民事再生手続きをしようとしても、なかなか難しい状況となります。

    ところが、Mt.GOXの記者会見では、ちょこっとしか出てこないですが、Mt.GOXのページを見ると気になることが・・・
    同月24日,ユーザーからの現実の預り金の総額と,かかる預り金を管理している金融機関への預金残高の総額に多額の齟齬があり,預金残高が大幅に不足していること(金額は調査中であり変動する可能性が高いが最大約28億円程度)が判明しました。

    え? どういうこと??

    ユーザから預かったお金の預金残高が不足してる??

    この預かったお金というのは、取引所で、AさんとBさんが売買成立すると、ビットコインと現金をMt.GOXを介してやりとりします。そのときに、一旦、Mt.GOXに振込むお金のことです。

    これが不足するってことは、はっきりいって、お金の管理がいいかげんになってるという証拠です。

    しかも、2/24になるまで分からなかったということは、日々の集計すらしていないってことですよね(1日でいきなり28億円もの不足がでるとは、考えられません。万が一、ハッキングされて別の口座にお金が異動したとしても、そんな大金を1日で送金できるとは考えにくいですし、銀行側のシステムがアラートを出すはずです)。

    実は、ここが問題の本質です。

    ビットコインがハッキングされて盗まれたとかもありますが、それはどちらかというと副次的なことであって、この現金がどこに行ったのか分からないというのは、大問題です。

    現状の法律でも問題になることであり、経理があいまいなまま会社運営をやっていたということで、民事再生手続きでどのように解明されていくのか、ここがポイントです。

    ビットコインや、その400億円に目を奪われてしまいますが、Mt.GOXの本当のところは、この28億円の現金が帳簿と合っていないというのが問題なのです。

    どこかで使い込んでしまったのかなぁ・・・・




    JUGEMテーマ:ビットコイン
    | 足立明穂 | ニュース | 10:29 | comments(1) | - | - |
    ビットコインは心臓に悪い(笑)
    0
      ビットコインは心臓に悪い(笑)ビットコイン、今日(2/20)の夕方にガガガーッと交換レートが落ちてきました。

      Mt.GOXの取引所のレートなのですが、3か月でこれほど変動するなんって、ほんと、心臓に悪いですよ(笑)。

      高い時は、1ビットコイン=12万円ほどだったのが、今日はいきなり1ビットコイン=1万五千円と10分の1以下にまで下がっています。

      今日の昼頃でも1ビットコイン=2万五千円程度だったので、5、6時間で6割ぐらいになってしまっています。

      こんなに変動が激しいと、今、通貨として使うにも怖いですよね。

      しかも、海外の取引所では、5〜6万円で取引されているので、どこの取引所を基準にするかで、交換レートも全然違ってきます。

      変な話、ビットコインで買い物をしようとすると、Mt.GOX基準で計算すると1ビットコインのものが、海外の取引所基準なら0.3ビットコイン程度になります。

      こんな状態では、通貨とは言えなくなっています。

      日々、激変するので、デイトレのような取引をして利ザヤ稼ぎをするのであれば、別ですが、この段階では、いつ換金すればいいのかも分からないので、お遊びで使う以外、ちょっと手出しができない状況です・・・・。

      この変動の原因は、Mt.GOXがトラブルで、取引を停止して、再開するという予定もよくわからないというのが大きいのですよね。

      そもそも、東京・渋谷にあるMt.GOXは、このところのメディア露出もあり、一気に日本人の関心を寄せて、申し込みも殺到したことがあるのでしょう。

      そんな中で、ドタバタして、いろいろな手続きが遅れ、さらに、取引に影響するシステムのトラブルも起き、ますますMt.GOXに置いているビットコインを手放そうとする人たちが多くなったようです。

      ある意味、『買い』なのかもしれませんが、Mt.GOXが安定してくるのがいつなのか、今のところよくわからないというのもあるので、かなりギャンブル性は高いでしょう。

      取引ができるのなら、多くの人が、こぞってMt.GOXでビットコインを買い、海外の取引所で売れば、大きな利ザヤで稼げるのですが、取引が行えないからこそ、相場が上がらないのでしょうね。

      こういう交換所のトラブルで、交換レートが変化する、価値が変動するというのは、通貨というには、まだまだしっかりと広まっていないとも言えます。

      もっと多くの人が使うようになれば、こんなに変動することもないのでしょうが、ビットコインは前途多難ですよね。





      JUGEMテーマ:ビットコイン
      | 足立明穂 | ニュース | 19:11 | comments(0) | - | - |
      ビットコインを狙うサイバー攻撃、日本で6000件より怖いこと!
      0
        ビットコインを狙うサイバー攻撃って・・・ビットコインを狙うサイバー攻撃が、日本を集中的に狙われていて、6000件とか書いてる記事が・・・・ 

        http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/17/news037.html 
        「ビットコイン」発行ソフトを勝手にダウンロードさせるサイバー攻撃、日本に集中 被害6000件以上 

        このタイトルを読むと、こんなにもビットコインって使ってる人が多いんだ!!ってことになりますが、うーん・・・・。

        私は被害に遭ってないし、被害にあった!!って人は周囲にいません。

        この記事、よーーーく読んでみると・・・
         
        サイバー攻撃は、他人のパソコンを遠隔操作して専用ソフトをダウンロードして起動、発行されたビットコインを攻撃者側に送る仕組み。

        あーっ! 採掘ソフトのことかぁ!!

        ビットコインの採掘(マイニング)のことを知らないと、何を言ってるのか、さっぱり分からない説明ですよね。

        この記事を読んでいる人は、採掘がなんたるか知ってるとは思いますが、他の人に説明するために、ざっくり説明・・・。
         
        ビットコインの採掘(マイニング)とは?

        ビットコインは、インターネット上で送金した情報が共有されることで不正送金(二重に送金するなど)が行われないようになっています。そして、この公開された送金台帳の記録が正しいかどうかチェックする作業があり、これを発掘といいます。正しい送金情報は『正しい』という印鑑が押されるのですが、ここに暗号が使われていて、その暗号を計算するために膨大な計算を必要としています。その計算は、世界中のビットコインを使っている人なら誰でも参加できて、10分毎に計算を終えた先着1名だけにビットコインが新たに与えられるようになっています。
        言い換えれば、ビットコインの台帳管理のお手伝いをした報酬としてビットコインがもらえるような仕組みです。なんとなく、コンピュータを使って『正解』を埋め込まれた数字の山の中から掘り出すようなイメージなので、採掘と言っています。

        なんとなく文章から受けるイメージは、『お金』を盗まれるように思えちゃうのですが、本当のところは、『お金』を盗まれるのではなくて、パソコンのリソース(計算時間)、実質的なところでは、パソコンを立ち上げっぱなしで離れたときに、勝手に計算してるので電気代が余分にかかるってことです。

        遠隔操作とか書いていますが、どっちかというとアドウェア(勝手に広告を表示するソフトウェア)に近いものです。

        それに、発行されたビットコインを勝手に送金するとか書いていますが、計算結果を送っているのであって、ビットコインが感染したパソコンに送られることはありません。

        なんか、この辺は、遠隔操作で怖いってのを煽っているように思えます。

        そもそも、書いている人がビットコインがなんだか分かってないような記事が多くて
         
        専用ソフトでの発行は現実通貨との交換が必要なく無料だが、過剰な流通を防ぐため、実際には専用ソフトでも発行できないことも多い。サイバー攻撃者は不特定多数のパソコンを使って無料のビットコインを集めるのが目的とみられる。

        無料で発行されて自動的に攻撃側に送るため、金銭などの実害はないが、知らない間に犯罪に加担させられている危険もある。

         

        この文章、5回ぐらい読んだのですが、何を言いたいのか、さっぱり分かりません(笑)。

        『専用のソフトで発行できないから、不特定多数のパソコンを使って集める』って、意味不明です。

        『無料で発行されて自動的に攻撃側に送るから、知らない間に犯罪に加担させられている危険』って、何が犯罪で、何に加担してるのか説明できていませんよね。


        こんなことを心配するよりも、同じ6000件なら、同じくトレンドマイクロに気になる記事が・・・


        http://blog.trendmicro.co.jp/archives/8557 
        2013年 年間セキュリティラウンドアップ:金銭を狙う攻撃が世界規模で拡大 
        オンライン銀行詐欺ツール以外の金銭を狙う攻撃としては、ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)の被害も顕著でした。世界全体での検出台数はおよそ 8万5千台となってます。また、これまでランサムウェアの影響が少ないとされていた日本でも、1年間に 1万6千台以上と前年比約10倍の検出台数を確認しました。


        これ、すんごく怖いウィルスです。

        ランサムウェアは、どんな動作をするのかというと、これに感染すると、パソコン内のファイルが勝手に暗号化されてしまいます。

        そして、『この暗号を解いて欲しければ、次のところにお金を振込め』と表示されるようになります。

        勝手に暗号化されてしまうので、暗号を解くためのキーが分かりません。

        パソコンの中にあるファイルを開くことができず、ワードやエクセルどころか、メールや画像も開くことができなくなります。

        暗号化されているので、他のパソコンにファイルをコピーしても何も解決しません。下手すると、コピーした先のパソコンもランサムウェアに感染してしまいます。

        この暗号化が、かなり強力で、そう簡単に解けるようなものではないのが、また厄介ですし、さらに、指示通り送金したからといって、解読できるようになるのかどうかも不明です。

        企業で利用しているパソコン、それこそ、経理で使っているパソコンがランサムウェアにやられたら、目も当てられないことになってしまいます。

        これに対する対策は、

        ・ウィルス対策を行う
        ・OSやアプリを最新版にする
        ・おかしなメールを開かない、怪しげなサイトにアクセスしない
        ・データのバックアップを細目に行う

        しかありません。

        ビットコインの採掘ソフトをインストールされるよりも、こっちの6000件の方が怖いですよ!!


        JUGEMテーマ:ビットコイン
        | 足立明穂 | ニュース | 13:44 | comments(0) | - | - |